首から顎周辺の痛み

症状と考えられる原因

  • 口を開けると音がなる
  • 口を開けずらい
  • 頭痛や耳の後ろから首すじに痛みがあり、肩から上腕にかけて違和感がある
  • 首や顎が疲れる

この様なケースは顎関節に問題がある事が多いです。

原因になりがちなのが

  • 片側で噛むことが多い
  • 虫歯がある
  • 無意識な噛み締め
  • 不良姿勢
  • 精神ストレスなど
  • 眼精疲労
  • リンパの腫れ(かぜなど)
首から顎周辺の痛みの原因

自宅でのリハビリについての注意

痛みがある時は、運動やストレッチなどの体を動かす事はやめましょう。
まずは痛みを止める事が優先されますので安静にしましょう。
今の痛みが急性なのか慢性なのかわからないまま運動しても悪化するだけです。
痛めてから日数が経っているから慢性と言う訳ではありません。
急性の痛みの事もありますので、注意してください。
痛みがだいぶ和らいだら、血流を改善させる程度の軽い運動をしましょう。

急に負荷のかかる運動をはじめると悪化しますので、自分の症状に合った運動をしましょう。
「運動していて痛みが強くなってきたり」、
「運動後は痛みが楽になるけどしばらくすると痛みが強くなる」などの
症状変化がある場合は、運動をやめて様子をみましょう。
自分の身体の状態を観察して、自分の痛みを理解しましょう。
そうすることで、自分が何をするべきなのか、
何をしてはいけないのかを知ることが出来るでしょう。
自分の身体は、自分を治そうと、いつもいつも一生懸命です。
なのにそれを邪魔している原因があります。
それを探して取り除くことで、必ず治るはずです。